株式会社加根又本店
ホーム              
     
 
                     


 
   
 
トップページ > インフォメーション              
 
     
 
超高強度繊維補強コンクリート製階段  ステップボード 高耐久性埋設型枠
 
 「ステップボード」は、コンクリート階段施工の省力化及び効率化、型枠等建設廃棄物の低減を実現できる高耐久性埋設型枠(ダクタルフォーム)であるとともに、優れたデザインの高強度階段仕上げ材です。
 階段を現場打ちコンクリートで製作するには、多くの工程が必要ですが、この
「ステップボード」は階段の型枠材として使用しながら階段の仕上材として施工でき、工期短縮・コストダウンを実現できます。
  「ステップボード」は、太平洋セメントのダクタルを用いた技術です。
 ダクタル(「DUCTAL」:登録商標)は、強度、耐久性及びじん性に優れた無機系複合材料技術であり、ダクタルを使用することにより、部材の軽量化による施工の合理化を図ることが可能になります。
 また、形状の自由度が高く、意匠性に優れた部材の実現が可能となります。
太平洋セメント社と技術提携した、高耐久性薄肉埋設型枠階段です。
打設されたコンクリートと一体化し、高強度で衝撃に強く、強靭で耐久性に優れた階段です。
階段の型枠作業、鉄筋工事、左官工事、生コン打設手間等の省力化、短時間作業による省人化が図れ工期が短縮できます。
太平洋セメント社のダクタル技術による超高強度繊維補強コンクリート階段で、耐磨耗性に優れ、ダクタルフォームは建設技術審査証明を取得しています。
工場製品だから品質が一定で均一。運搬、組立が容易で、現場の形状・寸法に合わせた製作が可能です。
ステップボード工法は、駆体生コンをそのまま使用するので打設時間が短く、従来工法では発生しやすいコールドジョイント・ジャンカ等は発生しにくい工法です。又、廊下・踊り場の一発仕上げが可能になるので、上塗りモルタルのひび割れがなくなります。
ステップボードは薄肉厚で、曲線などの独自の階段デザインの製品化が可能です。また表面に滑り止め加工し、デザイン性に優れた外観をしています。
階段部をスラブ構造にすることで、型枠の稲妻加工、高度な技術を必要とする稲妻筋の加工が不要です。従って、階段部の型枠や左官作業が削減でき、工期短縮及び作業短縮による工賃の削減が期待できます。型枠用コンパネ等の使用量も軽減されるので環境に優しく、ノンスリップスタイルの取付作業も不要です。
 
 
 
 


copyright 2007 KANEMATAHONTEN Co., Ltd. All Rights Resered.